東京父ちゃん日記

「東京父ちゃん日記」は、育児を張りきっているお父さんのブログです。 日々の育児話や子供を連れて、家族で色々と遊びに行った時の話等、育児をされている方に有益な情報を提供出来ればと思っています。



病気の時の育児は辛い


なんだか体に異変が・・・?

ウチの奥さん(東京母ちゃん)は、美容師です。

(今、妊娠7ヵ月です)

 

今週は特に忙しくて、1日30人のお客さんの髪をカットしたり、セットしたり対応したそうで、スーパー疲れていました。

 

僕も3月はとても忙しくて、

息子も朝早くから夜遅くまで、保育園に預けていました。

 

そんな最中、東京母ちゃんの身体に異変が起こりました。

夜中に足がツったのです。

  

夜中に「足ツったー」と言いながら、足をストレッチをしている奥さんの声で目を覚ますと、僕の身体にも異変が起こっていました。

 

ゾンゾンと強烈な寒気と、腹痛。熱が38℃まで上がっていました。

 

「な、なんじゃこりゃー」

「足ツッたー」

と騒がしい夜中になってしまいました。

 

翌朝・・・朝になっても僕は完全に病人でした。

熱があるので、体の関節が痛い。

保育園までは約2km普段は歩いて、約20分ぐらい。徒歩数で言うとザックリ2,000歩。

往復するので、約4,000歩。結構良い運動になります。

 

途中坂があって、ベビーカーを押しながら行くのが、体調が良い時でもかなりシンドいので、初めて、タクシーで行きました。

 

f:id:touchan-nikki:20160304235349j:plain

この坂が心臓破りの坂。かなりシンドい。

 

最近は、ベビーカーに乗せるのも大変。歩きたくて仕方無い。

f:id:touchan-nikki:20160305001052j:plain

この後、ダッシュして、激しく転ぶ

f:id:touchan-nikki:20160305001121j:plain

お猿のジョージが守ってくれて、無傷。でも一瞬泣く。

 

保育園では今、インフルエンザが流行っているので、普段は教室で、子供を預けるのですが、病気の人は玄関で子供を預けます。

 

僕も病名はわかりませんが、何となく、ノロウィルスのような症状だったので、玄関で子供を預けて、病院に行きました。

 

病院はものすごく混んでいて、診察まで2時間、薬もらうのに30分ぐらい待たされて、

トータル2時間半もかかってしまいました。

 

結局、病名は「ウィルス性の腸炎」との事で、インフルエンザではありませんでした。

 

その後薬を飲んだら、大分良くなり、一晩寝たら、ほぼ完全回復。

きっと身体が疲れていたのかもしれません。

 

インフルエンザは大流行しているようですので気を付けなくては行けません。

体調を悪くしてしまうと、子供に移してしまうかもしれませんので、

 

・外から帰ったら、徹底的に手洗いうがいする

・良く食べて、良く寝る。

・予防接種は受けておく

 

この3つは徹底した方が良さそうです。

 

ちなみに、息子の保育園では今、

インフルエンザA型 先生1人 園児1名

インフルエンザB型 園児1名

おたふく 園児1名

という状況です。

 

病気の時の育児は、結構シンドいです。

薬を飲んでダイブ良くなりましたが、食欲が復活しません。東京父ちゃんのストマックはまだ完全復帰していないようです。

しばらくは、沢山寝て早く完全復活したいと思います。

 

人気の記事

www.touchan-nikki.tokyo

 

 

スポンサーリンク