東京父ちゃん日記

「東京父ちゃん日記」は、育児を張りきっているお父さんのブログです。 日々の育児話や子供を連れて、家族で色々と遊びに行った時の話等、育児をされている方に有益な情報を提供出来ればと思っています。



2歳の子供が喜ぶドレミの歌


最近少しずつ、歌を歌えるようになってきた2歳の息子。 

f:id:touchan-nikki:20160502111014j:plain

保育園で、先生がピアノを弾いて、みんなで歌を歌っているのを見かけました。

それで上手になって行っているようです。

 

本人も歌えるようになって、嬉しい様子。かなりの大きい声で歌います。

家で歌う時はまだ良いのですが、外で歩いている時は結構注目されます。

バスや電車に乗った時は、恥ずかしいです。

 

そんな時は、子供の耳元でささやき声で、「静かにー」と言うと

「ささやき声」で歌います。なかなか、空気を読めるようになってきました。

 

レパートリー

  • どんぐりコロコロ
  • お弁当箱の歌
  • オバケなんてないさ
  • アンパンマン
  • ドレミの歌

 

まだ完全に歌いこなせてはいませんが、

何を歌っているか?は、わかる程度に歌っています。

 

お弁当箱の歌は、歌詞の内容が、

「きざーみ生姜に、ゴマシオかけて」

とか、食通過ぎて、内容を理解していないと思います。

 

レンコンさん、ゴボウさん、筋の通ったーフーキとか、もはやオールディーズです。

 

アンパンマンの歌詞も、改めて聞くと結構深いです。

「誰のために産まれて、何をして生きるのか?」

2歳児にはかなり重いテーマです。

38歳の東京父ちゃん(僕)でさえ、「何をして生きるのか?」と聞かれたら、スっとこたえられません。

 

この中でも、「ドレミの歌」はほぼ、マスターしたようです。

歌い終わると、ドヤ顔します。

そこで、、、

 

ドレミの歌を、替え歌で歌ってみた。

 ドーは「ドーラえもーん~」

レーは「レンコン」のレー

ミーは「みかん」のミー

ファーは「ファンタ」のファー

ソーは「そら豆~」

ラーはライオン~

シーは「シイちゃん」(奥さん)のシー

さあ、歌いましょう~♪

 

と、息子の好きそうな言葉に変えてみました。

 

すると、最初は「違うよ!」と言ってたのですが、、、

何回も歌って聞かせると、次第に気に入ってきたようで、

 

ソーはそら豆~ 「マメー」

ラーはライオン~ 「ガオー」

 

と、歌詞の後に、「ハーモーニー」を入れてくるようになりました。

 

そして、シーはシイちゃん(奥さん)のシーと言うと、「ガオー」

と言います。

 

奥さん、息子から怖がられているようです。笑

 

替え歌をマスターしてしまうと、保育園でみんなで歌う時に、一人だけ違う歌詞で歌ってしまう可能性がある事に、今気付きました。

あまり違う歌詞は教えない方が良いかもしれませんね。

 

平成の「加山 雄三」目指して、ボイストレーニングに励みたいと思います。

 

自宅で歌の練習が出来る方法でオススメなのが、 「カラオケピアノ絵本」という

楽譜が絵本になっているピアノセットです。

ウチの子はこれで、「ぞうさん」をマスターしました。

2,000円ぐらいで本屋さんで買えるので、オススメです。

スポンサーリンク