東京父ちゃん日記

「東京父ちゃん日記」は、育児を張りきっているお父さんのブログです。 日々の育児話や子供を連れて、家族で色々と遊びに行った時の話等、育児をされている方に有益な情報を提供出来ればと思っています。



旦那がバリバリ家事をやりだすテクニック


https://www.instagram.com/p/B0DNzcogevy/

こんにちは。東京父ちゃんです。



今日は、旦那さんが家事に消極的で、「もっと手伝って欲しい」と思っている方に朗報です。



上手に家事を分担する方法をご案内します。



この方法を覚えるとあら不思議。

旦那さんがバリバリ家事をやってくれますので、
是非、試してみてください。
ちなみに東京父ちゃんは、この方法で家事をマスターしました。

 


【まずは、家事を全部ピックアップしてみます。】

 

1.朝ご飯の用意、食べさせる

2.布団をあげる

3.着替えさせる

4.歯磨き

5.保育園に送る

6.風呂掃除

7.トイレ掃除

8.部屋掃除

9.ゴミ捨て

10.保育園にお迎え

11.お風呂に入れる

12.夜ご飯の用意

13.布団をしく

14.歯磨き

15.寝かしつけ

 

大体こんな感じだと思います。

(他にあれば、教えてください!)



以上をどのように分担すると理想なのでしょうか?



【カミさんは、ご飯の用意以外は「全部やって」と言ってきました・・・】

うちは共働きなのですが、カミさんの方が忙しいという事もあって、会社員の僕の方が、確かに時間はありそうです。

当然、分担するつもりでいたのですが、まさか、「食事以外全部」とは・・・



食事は、以前僕が一度だけ作ったパスタが不味過ぎたのと、カミさんの料理はとても美味しいので、食事を分担する選択肢はありませんでした。



【実録 カミさんの交渉術】

 

家事分担の際の、交渉テクニックを再現してみます。



カミさん「ご飯は、私がやるからそれ以外全部やったってよ」



父ちゃん「笑マジかー。俺も仕事あるから全部は無理だよ」



カミさん「私だって仕事だもん。じゃぁ洗濯も私がやるから、それ以外やって。」



父ちゃん「半分ずつにしようか」



カミさん「OK」



こんなやりとりがあって、初めは仲良く半分ずつ分けてやっていました。



【カミさんの本音】

 

実は、最初に家事分担をしたのは、長男が産まれた時なので、もう6年前の話です。

 

今も半々ぐらいで、うまく分担できていると僕は思っていますが・・・



衝撃の告白が。。



実は、カミさんは朝、仕事に行く前の支度の時間が確保出来れば良いと思っていたので、



「5.保育園に送る」

だけ僕がやってくれたら、後は自分でやるつもりだったそうです。笑

 

つまり、ダメもとで、

ご飯の用意以外は「全部やって」と言ったのです。



インド人のような交渉テクニックですよね。

思わず唸ってしまいました。



気づいたら、バリバリ家事の出来るイクメンに育ててもらいました。

ありがとうございます!

 

 

・全然家事をしてくれない・・・

・ちょっとはしてくれるんだけど、あまり役に立ってない・・・



という方は、参考にしてみて下さい。



旦那の仕事が忙しすぎるという方は、

1つずつお願いして、少しずつ、家事を減らしていく手法がいいと思います。



上手に家事を分担する方法のまとめ

・ダメ元で、多くの仕事を依頼する

・依頼をする時に、理由をつける

・旦那さんが忙しい人は、少しずつ依頼する。

 

 

以上3点で、見違えるように旦那さんの動きが良くなり、

奥様の負担がだいぶ減ると思います。

 

 

お気軽に、ご意見、ご感想を頂ければと思います。



P.S.

育児休暇って意味ないですよね。

それより、休暇はいらないから、早く帰ってきて欲しい。

という奥様の方が多いと思います。

 

 

www.touchan-nikki.tokyo

 



スポンサーリンク